top of page

自律神経の疲れを足元からケアする



春到来!

この時期になってくると「むくみ」を気にされる方、むくみが辛く感じる方が多くなってきます。


春はむくみの季節なんて言われたりもします。




春の山菜は胃腸の動きを促す働きのあるものが多く、

冬の冬眠から目覚めた動物が活動していくためにまず、休ませてた胃腸を活動させるため食べるとか。


冬に溜め込んだものを排出する作用もある薬草が多いです。




ただ、私たち人間は冬眠しないですが、

それでも冬はいろいろ溜め込む季節。


春に排出したくとも、

天気の変化や環境の変化などで自律神経が乱れて、胃腸の調子も悪くなったり動きが鈍かったり。


そのため、排出したいものが出されず溜まってしまう、循環機能が落ちるなどのせいで、


むくみを感じる方が多いのです。




なので、しっかり排出できる身体にしておくと◯


それには温めながらの内臓機能を高める「足裏トリートメント」がおすすめ!


反射区を刺激するリフレクソロジーも良いですね☆








だいぶあたたかくなってきてますが、急に寒くなったりはまだあるかもですし、


これまでの激しい寒暖差、天気の変化に結構体は疲れを溜めてる可能性もあり。


なんかだるいな、むくみあるなって方は過ごし方を変えてみては?

Commentaires


bottom of page